ネットで賢くコスト削減|名刺はスピード注文!

デザインと使いやすさ

折りたたまれた袋

お気に入りのブランドやショップでもらった紙袋は、すぐには捨てずにとっておく人は多くいます。女の子は荷物が多いので、バックと一緒に紙袋をいつも持ち歩いているという人もいるでしょう。お客さんが袋を使いまわすと、行く先々で多くの人の目にふれます。お客さんはそんなつもりはありませんが、ただ使っているだけでお店の宣伝になります。宣伝するには高い費用がかかるものですが、紙袋の製作にかかる費用だけで宣伝も行なえるので、効果的な宣伝を考えている人はぜひ、お店のオリジナル袋を作りましょう。お店の紙袋を作る時には、使いたくなるものを製作することが大切です。しかし宣伝目的だからといって、大きく店の名前が載っているものや、デザイン性のないものは、あまり使われないように思います。主張しすぎず、デザイン性にもこだわった紙袋を製作しましょう。またデザインだけでなく、大きさや素材も大切です。あまりサイズが大きいと使う機会も限られていて、使い回しされません。使いやすさや持ちやすい大きさを考慮して作りましょう。使いまわされるには丈夫であることが大切です。すぐに破れてしまってはダメなので、加工などを施して丈夫な素材を選びましょう。長く利用してもらえれば、その間、長く宣伝でき、その分効果も期待できるでしょう。いい紙袋で商品を販売すれば、商品の価値そのものや、店のイメージアップにもつながります。宣伝ツールだけでなく、イメージ戦略のアイテムとして、オリジナルの紙袋を製作してみましょう。